記事一覧

2013/05/07 本日のすれちがい

久々に記録

入院したりして、時間が空いちゃったんで、本日すれ違い分から、再度、記録開始!!

本日のすれ違いMiiさんたち

広島県

まひちゃん さん
まいまい さん
ひゅうが さん
らくださん さん
きいち さん
ゆたか さん
ぐいど さん
ダブルフォー さん
サトシ さん /2回目

 
 
すれちがい、ありがとう!!

※よくすれちがうご近所さんなどは、除外しております。

まとめ

合計 1936回(1697人)

[ANKER]ASTRO3(10000mAモバイルバッテリー)

eneloopモバイルバッテリーに不満が出てきた

外出する際に持ち歩いている、eneloopモバイルバッテリー。
容量には満足しているのに、USB2つ同時出力で1.5Aなんですわ。
iPhons4SとXperia GX同時に充電してると、充電ではなく、現状維持になってる。
これでは使い勝手が悪い。

ということで、お試しで購入。

外観テカテカ

ファイル 1487-1.jpg
ほぼスマホサイズ。
重さは、ちょっと重い。

外見は本当にテカテカ。
使い続けてどうなるのかは、これから。
 
 
ファイル 1487-2.jpg
出力は、最近の流行なのか、"iPhone"と"android"で分かれてます。
iPhoneはiOS6から2A充電に対応しているかららしく、その分、充電時間が短くなります。

満充電時に自動切断

スイッチ類は付いていない。
ボタンが1つ合って、押すと充電開始です。
機器が満充電になると、自動的に終了します。

試しに、コンセントから出ている充電ケーブルをASTRO3の入力に、ASTRO3の出力からXperia GXにつないで使ってみると、ASTRO3は自信を充電しながら出力しました。
これ、便利。

付属ケーブルとコネクタたち

iPhons用コネクタ2書類と、MicroUSB TypeB、PSP、3DS用の変換コネクタが付いてます。

しばらく使ったら、体験記を追加します。

トラックバック一覧

角島への道【その3】

最後にトラップが!!

頂上が見えてきたら、最後にトラップに引っかかる。
さて、そのトラップとは・・・
 
 
ファイル 1486-1.jpg
急階段とロープ
そんな・・・ロープ使っていいよ、ということか!!

これはもう、お年寄りにはお勧めできない。
子供たちは大はしゃぎで楽しんでましたが。
 
 

登頂完了

ファイル 1486-2.jpg

ファイル 1486-3.jpg
絶景
素晴らしいね!!\(^O^)/

海風に当たりながら、しばし休憩。
また降りないといけないので・・・。

駐車場は有料

観光地ですので、駐車場は有料。
まぁ、安いんですけどね。

で、そこで見つけたくるくる回る奴。

ファイル 1486-4.jpg
イカ、いかが~
港町でよく見かける風景です。

角島への道【その2】

角島灯台

角島大橋で角島へ渡ってから車で10分程度。
目的地の「角島灯台」へ。
最後に十字路があって、案内見にくくて、迷う可能性あり。注意。

ファイル 1485-1.jpg

ファイル 1485-2.jpg
角島灯台

無塗装です。
白とか塗ってないです。
凄く古風な感じがします。

有料ですが、登ることが出来ます。
たしか、全105段。

いざ、ダンジョンへ(ぉ

ファイル 1485-3.jpg
ここが入り口。
・・・モンスター出てくるよ、ドルアーガの塔ごとく。
チョヒャドとか唱えちゃうよ!(Not 魔法使い)

ファイル 1485-4.jpg
螺旋階段が続く。
上からはモンスターたちが!!(下ってくるお客さんです!!)

これ、狭くて、すれ違い大変。
 
 
ファイル 1485-5.jpg
ご親切にどうも(;つД`)

角島への道【その1】

角島とは

特牛駅から車で約20分くらいかなぁ、山口県の日本海側にある島、「角島」。
島までは橋が架かっており、大変綺麗な風景です。

これは見に行かないと行けないでしょう。
そして、角島には灯台があり、一般公開されてます。
目的地を灯台にして、特牛駅を後にしました。
 
 

ストレートな名前の「角島大橋」

そりゃ、そうですよね。
ほかに考えられないですよね、島の名前+大橋シリーズ。

橋の入り口の横断歩道から撮った写真は、こちら!!

ファイル 1484-1.jpg
綺麗!!(〃 ̄ー ̄〃)
別の角度からも撮影。
 
 
ファイル 1484-3.jpg
 
 
ファイル 1484-4.jpg
 
 
ファイル 1484-5.jpg
本州側より。
 
 
ファイル 1484-2.jpg
角島より。
 
 

時間があって、天気が良ければ、是非!!

綺麗。瀬戸内海と違って、海が綺麗。
そこにかかる1本の橋。
比較的直線で、後半上下左右の動きあり。
ドライブしてて楽しいですわ。

トラックバック一覧

特牛駅に行ってみた!! 【その3】

実は、とある映画の聖地でもありました

撮影現場だったんですねぇ。訪れるまで知りませんでした。
21世紀の出来事なのに・・・

映画「四日間の奇跡四日間の奇跡」

こちらが、そのタイトル。
興味のある方は是非。

その時のセットの一部・・・と言って良いのか苦しみますが、駅近くに展示されてたりします。

ファイル 1483-1.jpg
駅票。

あと、駅内に撮影時の風景の写真と説明。

駅前には、切符売り場・・・あれ!?

ファイル 1483-2.jpg
業務委託されてる切符売り場があるんですが・・・開いてない(;´Д`)

ファイル 1483-3.jpg
シュール。

まとめ

秘境駅では無いんですが、ここに来ても、なーんにも無いです。
集落にあるので、駅自体はそこそこ生きている感じがします。

車での訪問をお薦め。

特牛駅に行ってみた!! 【その2】

駅舎の中は、秘境駅ライク

ほとんどの秘境駅にあると思われる「旅のノート」。
訪問者が自由に記入できるノートですね。
特牛駅にもありました。
・・・が、

ファイル 1482-1.jpg
何故にぼろぼろ(;´Д`)

そして、中身を確認。

ファイル 1482-2.jpg
他の方も書いてたんですが、特牛は「角島」への玄関口。
共通の話題は「角島に行くバスが少ない」という感想。

ファイル 1482-5.jpg
これほどまでに切実www

では、実際にどれだけ少ないかというと、こんな感じ。

ファイル 1482-3.jpg
仕方ないと言えば仕方ない人口の地域ですから、JR+バスでの角島は、覚悟を決めてお越しください!!

さて、旅のノートに戻って読み進めていくと、最後は・・・

ファイル 1482-4.jpg
破られてた(;つД`)

大切にしてくださいよー、ほんと。

特牛駅に行ってみた!! 【その1】

"特牛"は、"とくぎゅう"ではない!!

JR西日本 広島支社の研修で、難しい駅名として教わる中でも、特に難しいとされる駅、「特牛」。
なんで、そんな読み方が出来るのか、摩訶不思議。

気になってたので、行ってみました。
 
 

風情ある駅舎

ファイル 1481-1.jpg
うーん、大変良い雰囲気。当然、無人駅。
以前に訪れた「備後落合」に似てるけど、周りの雰囲気は明るい。

ここ「特牛駅」は、以前、映画のロケ地として使われた場所。
・・・駅の展示物を見て知りました。すいません。
 
 
ファイル 1481-2.jpg
そして、改札口。
木製!!
わぁお。

木製って初めて見た!?
地元の駅とか、コンクリートだったしなぁ。
芸備線野馳駅でさえ、鉄製だったし。

改札を抜けると、階段があり、登るとホームに出ます。
 
 
ファイル 1481-3.jpg
ホームから下関方向を見る。
まさに田舎の風景。
 
 
ファイル 1481-4.jpg
駅票。"こっとい"えき。
 
 
ファイル 1481-5.jpg
ちょうど列車が入ってきたので撮影。
誰も乗る人がいない・・・(;つД`)

列車が行ったところで、駅舎をじっくり見てみることにする。

トラックバック一覧

2013/04/09 本日のすれちがい

本日のすれ違いMiiさんたち

広島県

おじ~ちゃん さん
ジョン さん
ともき さん /2回目
ディーノ さん
 
 
すれちがい、ありがとう!!

※よくすれちがうご近所さんなどは、除外しております。

まとめ

合計 1839回(1597人)

2013/04/08 本日のすれちがい

本日のすれ違いMiiさんたち

広島県

にのかほ さん
ふりーまん さん /2回目
すのじ さん
 
 
すれちがい、ありがとう!!

※よくすれちがうご近所さんなどは、除外しております。

まとめ

合計 1833回(1593人)

トラックバック一覧

profile

links

archive