記事一覧

周遊05幹★

JR東海の罠・・・

乗車券では新幹線も在来線も関係なく利用できるのですが、周遊きっぷの場合はそうはいかない。

今回は「海浜幕張」まで行くということで、周遊きっぷをチョイス。
スタートは大阪。

そして、発券すると・・・

ファイル 1136-1.jpg
「周割05幹★」

期待したのは「周割20幹★」なんですよ。
ここでJR東海の罠に気づく。

一部区間でも東海道新幹線を利用する場合、片道のゾーン入り口までの距離が600km以上ないといけない。

そもそも、ゆき券とかえり券に間違いがあることに気づく。
入り口、最後の経路が在来線だから、「大船」じゃね?

ということで、再発券を依頼することに。
今度は600km辺りの駅で、「周割20幹★」にしてもらおう。そっちの方が安くなるし。

-----

ファイル 1136-2.jpg
ということで変更。
入り口駅が「東京」も選べるので、在来線での入り口駅として選べるのね。

トラックバック一覧

トワイライトエクスプレスの乗車記念スタンプ

普段の記念スタンプ

ファイル 1135-1.jpg
今回、刷新された、新乗車記念スタンプ。
旧スタンプ、持ってないんですよねー。失敗。

下関行きの乗車記念スタンプ

ファイル 1135-2.jpg
ひょんなことから頂いた、年に1度(!?)運行される時にサロンカーにおいてある乗車記念スタンプ。

出張時に撮った写真たち

広島駅にて

ファイル 1134-1.jpg
こだま 500系 V2編成

ファイル 1134-2.jpg
700系
JRマークがオレンジではなく青い。
300系の廃車分を西日本に転籍させている!?
718-11という車番から、C12編成。
現編成番号不明。
もっと良く見ておけば良かった。

塩尻駅にて

ファイル 1134-3.jpg
123系と115系。
123系は、仲間が広島地区でも走ってましたが、現在では全車、宇部地区に転戦。
123系は、本当のロングシートが設置されてて、結構、びびります。

青森駅にて

ファイル 1134-4.jpg
青い森鉄道 青い森701系
更新後、初めて見ました。

敦賀駅辺り

ファイル 1134-5.jpg
6月には確認していた419系は、既に居なくなっていました。
冬支度を始めているように、除雪車が顔を出してました。

2011/10/14 ひかり563号

編成

ファイル 1133-1.jpg

ファイル 1133-2.jpg
JR西日本 S9編成

乗車区間

2563A 新大阪/14:22 - 15:54/広島

備考

ひかりもN700系の導入が進んでますなぁ。

2011/10/13 トワイライトエクスプレス

編成

ファイル 1132-1.jpg
第2編成

ファイル 1132-2.jpg

ファイル 1132-3.jpg

ファイル 1132-4.jpg
札幌-五稜郭
DD51 1148 + DD51

五稜郭-青森 不明

ファイル 1132-5.jpg
青森-敦賀
EF81 114
敦賀-大阪
EF81 43

乗車区間

8002レ 札幌/14:05 - 12:52/大阪

備考

パブタイム、誰もいなかった・・・いつもは何組かは利用してるのになぁ。
いつも利用額が安くてすいません。
大阪着いてからの回送までの時間が短くなってるのね。
(13:02に発車した。10分だけ。以前は30分位いたのになぁ。)

あと、A個室の枕が1種類に。
以前は2種類あって、自由に選べたんですが。

秋の北海道

スーパー宗谷車内から撮影

2011/10/13撮影

ファイル 1131-1.jpg

ファイル 1131-2.jpg
なんか標識みたいなのが立ってる・・・

ファイル 1131-3.jpg
利尻富士
・・・何も見えないよ。いや、うっすら見えてる!?
つくづく運がないのか!!

秋じゃないですが・・・

ファイル 1131-4.jpg
青函トンネル用コキ積み込み試験車両や、カニ(車番不明)等を確認。

2011/10/13 スーパー宗谷2号

編成

ファイル 1130-1.jpg

ファイル 1130-2.jpg
SE-203編成

乗車区間

52D 稚内/7:10 - 12:06/札幌

備考

周遊きっぷ利用
帰りも、5時間の乗車時間に負け、グリーン車利用

ファイル 1130-3.jpg
グリーン車シート
革張りなので良い感じなんですが、長時間の乗車では汗をかきます・・・うーん。

050PLUSを導入してみる

まず、050PLUSとはなんぞや

NTTコミュニケーションズがサービスを開始したIP電話サービス。
http://050plus.com/

iPhoneやiPod touchのみに対応だったものが、Android端末とWindowsPCにも対応。

ということで・・・

WindowsXPにインストールしてみた

ファイル 1129-1.jpg
セットアップ後、取得した電話番号とパスワードを入力したら完了。
うーん、簡単。
別段問題なく使えます。
Skypeの通話できる環境があれば、そのままの環境が利用可能。

Android端末にもインストールしてみる

こちらもすんなり。
マーケットからダウンロードしインストール完了したら、サービスとして起動。
電話番号とパスワードを入力して完了。

そもそも、申込みはどうなっている

Android端末で申込みをしてみました。

オンラインで完了。ただ、ちょっと、普通ではない手順があるのでビビる。

ソフトをインストールすると、申込みボタンがあるので押す。
次に電話番号を選んで、連絡先メールアドレスとクレジットカード番号を入力。
メールアドレスは、携帯のものが良いのではないかと思います。
なぜなら、手続き途中のメールと完了メールが届くメールアドレスになります。

次に、接続用のパスワードを入力。

完了すると、申込み確認のため、IP電話から、今使っている電話へ、自動応答電話がかかってくる。
このときに申込み完了するための4桁の暗証番号が必要。
これを最後に入力し、終了。

すぐさま、050番号から電話がかかってくる。
応答すると、音声案内にしたがって、先ほど入力した4桁の暗証番号を入力、これにて手続き完了。

WiMAX WM3500Rにて問題が・・・

こちらの環境で、1つ問題が発覚。

Android端末である、DoCoMo SH-12Cで接続している場合、無線LAN環境では特に問題なく利用できるのですが、WiMAX WM3500Rを通して利用しようとすると、050PLUSのアイコンが赤くなり、接続不能になる場合がある。
いつも切れるわけでもないので、なんだかなぁ、と。

これは検索すると、同様の問題が出ているらしいので、ルーターまたはソフトのどちらかでの対応に期待。

PC環境については、現在、特に問題がない。

利用用途を考えてみた

ここで、1つ忘れてはいけないことは、
IP通話はパケット通信である
ということ。
よって、パケホーダイなどの定額サービスは必須となるわけでして。

スマホに入れて使うには、ほぼ100%の確率でパケット定額または上限ありの契約になっていると思われるので、会社で社員同士で話をする前提で、導入するのはありかもしれません。

知り合い同士での導入もありかもしれません。

315円(税込)の価格で050PLUS同士の通話は無料であれば、活路はあると思います。

個人的には、人とそんなに会話をしないので、年末まで利用してみて、それから継続するかは考えてみたいと思います。

トラックバック一覧

[大阪]大阪の恋人

恋人シリーズか!?

大阪には、以前から「面白い恋人」なる物がありましたが、今回は、さらに上を行き、もう直接、地名を当てはめてきました。

ファイル 1128-1.jpg
大阪の恋人
やりたい放題です(´ヘ`;)

ファイル 1128-2.jpg
しかし、まだランクインはしていないので、これからなのか、沈んでいくのか・・・

[北海道]黒い恋人

黒・・・ですか

ファイル 1127-1.jpg
白い恋人は、賞味期限改ざんで問題となりましたが、現在では復活し、北海道を代表するお土産となっています。
そして、こちらは、「黒い恋人」。

とうきびチョコということですが、まだ、あまり、全道で売られている気配なし。
これから出てくるかもしれませんが、現在のところ、道北を中心に、ホテルや駅売店で売られているようです。

profile

links

archive