記事一覧

馬もクリスマス

ファイル 1248-1.jpg

メリークリスマスですねぇ。

摩周&川湯温泉足湯めぐり号

何で、「摩周&川湯温泉足湯めぐり号」なのか。

実は、乗車するまで判りませんでした。
JR北海道さん、すいません。

ファイル 1247-1.jpg
さて、ヘッドマーク(!?)まで付いて、普通列車。
ゆっくり網走に向かいます。
以前、夏に網走から釧路に向けて乗ったことがあります。

この列車の趣旨とは

列車名にあるように、足湯を楽しめるように、時刻調整してあります。
その場所は2カ所。

摩周駅と川湯温泉駅。

ということで、まずは、摩周駅。停車時間は22分。

摩周駅

ファイル 1247-2.jpg
駅の外に足湯が設置されてます。
以前、熱海で足湯体験してますが、そのときは大変熱かったので、寒い冬なので期待したんですが・・・ぬるい。

ちなみに売店で160円でタオル売ってます。
車内に備え付けのパンフレットに付いてるチケット利用で100円になります。

摩周駅には更に・・・

ファイル 1247-3.jpg
飲める温泉水。
湯飲み置いてますが・・・すいません、度胸無いんで飲めないです。
効能とか消えてて見えないですが、調べてみると、

「神経痛・関節痛・胃腸障害・疲労・冷え症・皮膚病などにすぐれた効果があります。」

とあります。
胃腸障害かぁ、飲んどけば良かったかなぁ。

川湯温泉駅

ファイル 1247-4.jpg
川湯温泉駅。停車時間は18分。
木彫りの熊がお出迎え。いい表情ですねぇ。

熊のお出迎えは、登別駅でもあった気がします。
あっちは剥製だったか。

そして足湯は・・・

ファイル 1247-5.jpg
シュール。
熊の口が温泉出てるよー!!

こちらは無人駅なので、タオルの販売とか無し。
事前の用意が必要。

さて、期待に胸膨らませ、温度チェック。
・・・ぬるい。
なんでだー!!まじ、ぬるいんですよ。
テキトー体感温度計測で、37度くらい?
周りは氷点下ですよ!!

うーん、ちょっと期待はずれ。

ちなみに、足湯利用した人、本人以外0。
またしても貸し切り状態!!

もっと告知しても良いと思うんですが、場所が場所なので、簡単に行けないしなぁ。

トラックバック一覧

2011/12/13 東釧路-網走

乗車列車

ファイル 1246-1.jpg

ファイル 1246-2.jpg

ファイル 1246-3.jpg
4736D/9736D/4738D 釧路/13:20 - 17:14/網走
「摩周&川湯温泉足湯めぐり号」号

残り区間

なし

備考

釧路と網走近くは、地元の方でそこそこ。
それ以外は、数人。
撮影できなかったけど、狐が様々な場所で見れます。

風景

ファイル 1246-4.jpg
摩周駅。
のんびり。

北方館

納沙布岬に記念館があった。

岬の良い位置に、北方領土が望遠鏡で見ることが出来る施設を発見。
早々に避難見学しに行く。

ファイル 1245-1.jpg
こちら、北方館2階。
数々の歴史的資料が展示されており、北方領土返還を訴えています。
財団法人で運営しており、こういう趣旨での財団法人は、頑張って頂きたいと思います。

北方領土を見てみる。

望遠鏡で見るための案内板を見ながら、デジタルズーム最高で撮影を試みてみます。

ファイル 1245-2.jpg

ファイル 1245-3.jpg
羅臼山
 
 
 
ファイル 1245-4.jpg

ファイル 1245-5.jpg
貝殻島

これが精一杯。
でも、意外に見えたと思います。

ちなみに、ここでも誰も居ません。
まぁ、シーズンじゃないしね。

最後に事務所で、「北方領土視察証明書」をもらって帰りました。
だから、お土産屋さんで売ってる「到達証明書」は買ってません。というか、店が開いてない(笑

最東端の岬「納沙布岬」

納沙布岬へ

根室まで来たら、行くしかない!!
ということで、目指しましたよ。

まず、何で行くか。
駅レンタカーの表示があったので、根室駅で問い合わせてみる。
すると、「トヨタレンタカーの業務委託なので、予約がないと時間がかかる」と言われる。
ということは近くにトヨタレンタカーがあると予想、場所を聞いてみると、地図では近く見えるけれど、遠いよそこまで、っていう距離。
以前、今は無きメジロ牧場で、おばちゃんたちに「まっすぐ行って左だから」と言われて行ってみると、真っ直ぐが2km位あるよ!!状態と同じ感じ。
恐るべし北海道。

仕方ないのでバスをチョイス。
そうしたら、今にも発車しそうな感じで待ってるわけですよ、駅前に。
早速、乗車。
そうしたら、運転手さんが、「表で回数券買った方が安いよ。待っててあげるから買っておいで」と暖かいお言葉。
ご厚意に甘えまして、買ってきましたよ往復券。

岬行きなんですが、途中、誰も乗ってこない。
貸し切り状態とはこのこと。

きっちり40分程度で目的地へ。

ついに着いた、納沙布岬

ファイル 1244-1.jpg
岬で待っていたのは、驚くべきバス停。
いや、これが無いと待ってられないくらいの風が襲いかかってくる。
半端ないのよ、まじで。

ファイル 1244-2.jpg
歩を進めるごとに、岬に近づいていくわけですが、風がすごくて、前を向いて歩くのが困難なくらいです。
ちなみに、まわりに観光客は、0です。
またしても貸し切りか。

ついに到着!!

ファイル 1244-3.jpg
これが納沙布岬!!!!!
そこそこの天気で良かった。
でも強風で長くとどまれない。そして、寒い。
というのも・・・

ファイル 1244-4.jpg
待合小屋の中で、氷点下!!
この気温で風が吹いてきて、そりゃあもう、耳痛いわ!!

2011/12/13 釧路-根室

乗車列車

ファイル 1243-1.jpg

ファイル 1243-2.jpg
3265D 釧路/5:55 - 8:13/根室
快速「はなさき」号

残り区間

なし

備考

ファイル 1243-3.jpg
ガラガラ。もう、好きなところに座り放題。

風景

ファイル 1243-4.jpg
ちゃない駅
とっさんがいた!!

この辺りの駅には、ルパンキャラが居るらしい。
作者のモンキーパンチ先生がこの辺りのご出身ということらしい。

ファイル 1243-5.jpg
日本有人駅最東端の駅。
無人を含めると、最東端は「東根室」駅だそうです。
通過したから、良いか。
最北端の「稚内」駅も攻略しましたから、最西端と最南端を攻めないと。

2011/12/12 滝川-釧路

乗車列車

ファイル 1242-1.jpg

ファイル 1242-2.jpg

ファイル 1242-3.jpg
2429D 滝川/9:37 - 17:39/釧路

残り区間

釧路-根室

備考

混む時間に走っていないので、確実に座れる。

風景

ファイル 1242-4.jpg
ぬのべ駅
この辺は、真っ白だったんですが・・・

ファイル 1242-5.jpg
帯広辺りは、そこそこの雪。
やはり旭川に近いところは、雪がすごい。

現時点での定期日本最長鈍行に乗る

それは、北海道だった・・・

下関発東京行きの各駅停車の客車列車が走っていたりした時代もありましたが、現在では、だいたい300km前後で運転しているのが常。
最近までは、下関-三石が最長ではなかったかと記憶してますが、現在、最長鈍行の栄誉(!?)を頂いているのが、この2429Dとなっている模様。

出発は、真っ白な風景から

ファイル 1241-1.jpg
まずは滝川から。
ここから北海道らしい風景満載の路線を走ります。

ファイル 1241-2.jpg
・・・らしいというか、まんま。
もう、このような風景しかないわけで。

富良野に着く

ファイル 1241-3.jpg
10:48 富良野着。
11:08 発車までに、1両増結。
中国人観光客が数人乗ってくる。
・・・ロングシート部分占有。
でも、楽しく会話してたり、大騒ぎするわけでもなく、普通。
よかった。
中国の方も、このくらいの人たちばかりなら、良いんだけどなぁ。

帯広・・・まだまだ続く

ファイル 1241-4.jpg
帯広と言えば「豚丼」。
ここで昼飯を調達。まだ残り3時間とかあるし。
14分停車の間に、ぶたはげの豚丼をなんとかゲット。
これがうまい。大変うまい。帯広に行った際は、買って食べてみてください。

釧路着

ファイル 1241-5.jpg
17:39 釧路着。
完乗しましたよ。何本の特急に抜かれたことか。

乗車証明書にシリアル番号あったら良かったのに。
「白い恋人パーク」の入場券には、シリアル番号あったなぁ。

日本最長定期鈍行列車、完乗しました!!

2011/12/12 2429D 滝川-釧路

編成

ファイル 1240-1.jpg

ファイル 1240-2.jpg
キハ40 1738

乗車区間

2429D 滝川/9:37 - 17:39/釧路

切符

ファイル 1240-3.jpg

備考

最終的に4人程度が、完乗。

2011/12/12 L特急「スーパーカムイ」3号 札幌-滝川

編成

25分も遅れて来やがったので、撮影不可。

乗車区間

3003M 札幌/8:00 - 8:49/滝川
L特急「スーパーカムイ」3号

切符

ファイル 1239-1.jpg
周遊券利用で、自由席乗車。

備考

岩見沢まで、混み混み。
その後は、ガラガラ。
通勤なんですかね。

profile

links

archive