記事一覧

[iBuffalo]BSMPA09BK(AC USBx4変換器 4A出力)

これは期待大!!

これまで2A出力のものを利用してたんですけどね、2台同時に充電すると、遅いんですよ。
なので、それよりも出力大きいものを待ってたら、いつの間にか出てたという。

ファイル 1488-1.jpg
ぶつ。
2Aのやつと比較して、おおきくなった。
まぁ、仕方ないか。

最近の流行よろしく、片側に"android"、片側に"Apple"とあります。
各2ポート、全4ポート利用可能。
最大4Aまでなので、それを超えると、電源ランプが点灯から点滅に変わります。

早速試してみよう

AndroidとiPhoneとANKER ASTRO3を接続してみる。
問題ない。
Androidは、機器によっては、Apple側に接続すると、充電を開始しない場合があります。

利用後の感想

※2013/05/02追記
利用していると、高周波を発するようになった。
これは、Amazonのレビューにも書いてある、キーンって感じの音。
一度コンセントから外し、再度コンセントに差し込むとならなくなる。
原因が分からないので、もう少し、利用してみます。

※2013/05/06追記
原因が分からないので、Buffaloのサポートに問い合わせをしてみると、「製造不の可能性がある」とあり、商品交換の対象となりましたので、交換して貰うことにします。追って報告します。

※2013/05/11追記
西濃運輸で交換品が届く。と同時に、不良品を回収して貰う。
メールの問い合わせからの流れは大変スムーズ。
「メルコダウン」時代には考えられない対応に、驚きを感じる。
さて、交換された個体は、高周波を発することなく動作してくれるのか楽しみ。
ちなみに、同時に2個買って、1つは高周波を発していないので、やはり個体不良だったのかなぁと思いつつ、数日使ってみて、また報告します。

機体により違うとは思うのですが、間違って、Xperia GX(SO-04D)をiPhoneと書かれた端子から充電していると、Xperiaの電源が落ちて電源が入らなく鳴るという症状が発生。
バッテリーを抜いて再起動しても起動せずに、赤ランプ点滅。
再度バッテリーを抜いて、しばらく放置。その後元に戻して起動を確認しました。
シルク印刷で指示してあるんだから、ちゃんと指定された端子に接続して充電しないといけません。

トラックバック一覧

[ANKER]ASTRO3(10000mAモバイルバッテリー)

eneloopモバイルバッテリーに不満が出てきた

外出する際に持ち歩いている、eneloopモバイルバッテリー。
容量には満足しているのに、USB2つ同時出力で1.5Aなんですわ。
iPhons4SとXperia GX同時に充電してると、充電ではなく、現状維持になってる。
これでは使い勝手が悪い。

ということで、お試しで購入。

外観テカテカ

ファイル 1487-1.jpg
ほぼスマホサイズ。
重さは、ちょっと重い。

外見は本当にテカテカ。
使い続けてどうなるのかは、これから。
 
 
ファイル 1487-2.jpg
出力は、最近の流行なのか、"iPhone"と"android"で分かれてます。
iPhoneはiOS6から2A充電に対応しているかららしく、その分、充電時間が短くなります。

満充電時に自動切断

スイッチ類は付いていない。
ボタンが1つ合って、押すと充電開始です。
機器が満充電になると、自動的に終了します。

試しに、コンセントから出ている充電ケーブルをASTRO3の入力に、ASTRO3の出力からXperia GXにつないで使ってみると、ASTRO3は自信を充電しながら出力しました。
これ、便利。

付属ケーブルとコネクタたち

iPhons用コネクタ2書類と、MicroUSB TypeB、PSP、3DS用の変換コネクタが付いてます。

しばらく使ったら、体験記を追加します。

トラックバック一覧

NEC PA-WA9300N-HP

無線LANの調子が悪い

現在利用しているBuffalo WZR-HP-G302Hが、無線LANに関して、通信が止まる現象が起きているので、買い換えてみようかと。

そこで、同じBuffaloを買うのもどうかと思ったので、今回は、NECにしてみた。

ハイパワーモデル NEC PA-WA9300N-HP

ファイル 1460-1.jpg
今回は、NEC PA-WA9300N-HPをチョイス。
ISDNの時など、Atermシリーズ、よく使っていたんですが、なんで、使わなくなったんだろう。

最近では、WimaxのルーターがAtermでしたね。


ファイル 1460-2.jpg
開けたらこんな感じ。
本体 + 電源ケーブル + LANケーブル1m + 説明書類


ファイル 1460-3.jpg
本体、思ったより軽い。
 
 
ファイル 1460-4.jpg
後ろ。
WANx1とLANx4。すべて1000BASE-Tです。
ルーターモードとAPモードのスイッチあり。
USB端子には、HDDなどのUSB機器が繋がって、共用出来るようになるらしいですが、色々使うと安定性が犠牲になる可能性があるので、使いません。

今回は、APモードで既存LAN内に組み込んでみます。
説明書によると、LANにケーブルを挿すと、

x.x.x.211

と自動的に取得してくる機能を持っているらしいので、やってみる。
・・・おお、本当になった!!
 
 

測定してみる。

無線の暗号を、WPA2-PSKとして、iPhone4Sでスピードテストをしてみる。
802.11nで接続。暗号設定以外は、デフォルトのまま。
回線は、フレッツ光プレミアム。プロバイダはinterlink。

ファイル 1460-5.jpg
38.56Mbps。
有線のスピードとほぼ変わりないスピード。
満足満足。

# ほぼ目の前で計測したんで、部屋を変えて計測(直線約5m、壁あり)してみたら、28.50Mbps。1フロアで利用するには、大変良いものかと。

トラックバック一覧

iBuffalo USB接続LED BSOTL02BK

1年くらい前に買ったものなんですが・・・

ファイル 1443-1.jpg
明るいときに写真撮っとけば・・・公式ページのイメージ画像。
たしかに明るかったです。
が・・・1年くらい使っていたら、ほとんど明かりがない。

LEDって、そんなもんじゃないよー(;つД`)

長寿命・低電力なのが売りなのに、これは酷い。
まぁ、1000円程度のものに文句言っても仕方ないのかなぁ。

ということで、本日取り外し。
お役目ご苦労。

Buffalo DT-H70/U2

地デジチューナーをPCに付けてみる

ちょっとしたときに、すぐに見たいという欲望にかられ、色々調べた結果、3波対応で手軽に使えそうなUSBタイプ。まぁ、以前もBuffalo製品を使ったことあったから、これでいいや、ということで、決定。

使ってみて分かること・・・

うーん・・・酷い。視聴ソフトが(;´Д`)

専用ソフトは、PCast Ver1.29βなんですが、わかりにくい。
あと、重い。
先日、BSスカパーが開始されたので、チャンネル更新しようと初期化しても、241chを探してきてくれない。
うーん、いまいち。

あと、ウインドウを下げると、音が出なくなる。
メディアプレーヤーみたいに裏で動いてくれないんだ。

まぁ、普通にテレビ見るだけにしよう。

トラックバック一覧

Canon PowerShot SX130IS

購入動機

単3電池で駆動するデジカメが欲しかった。
最近、某カバンをゲットし、そこにスマホ&通信ルーター予備電源用に、eneloop単3をがっつり装填しているんですが、ついでにデジカメも共用できたらいいな、と思いつき購入。

これがまた凄いのが、光学12倍ズーム!!
PowerShot G7と比較して、ズームのスピードは遅いです。
なので、サッと撮りたい場合には向きません。
まぁ、バッグに入れておく予備としての利用ですが、お散歩カメラとしても利用価値が見いだせたので、これからちょくちょく利用するのではないかと。

撮影サンプル

ファイル 1092-1.jpg
(画像を押すと、原寸で出ます)
4000x3000 jpeg
Pモード

ファイル 1092-2.jpg
(画像を押すと、原寸で出ます)
4000x3000 jpeg
Pモード
室内・フラッシュ禁止

トラックバック一覧

買っていたのに、押し入れに入っていた、可哀想な「eneloopy」

つい、なんとなく買ってたeneloopy

ファイル 1015-1.jpg
買っていたのは覚えていたけど、どこに行ったか所在不明だったeneloopy。
eneloopyよりも、ルーピーの方が話題に上り、忘れてましたよ。
 
 

メモメモっ

ファイル 1015-2.jpg
忘れちゃいけないので、メモ。
http://products.jp.sanyo.com/support/manual/search.php?dai=10&chu=1&sho=7
公式マニュアルのダウンロードページはここ。
まぁ、バッテリーチェッカーですから、説明は、表示される色の意味さえわかればなんとかなるし。
 
 

さて、どこにeneloopを入れるのか?

ファイル 1015-3.jpg
さて、eneloopyですが、どこにeneloopを入れるのか?
まぁ、想像つきますよね。
・・・尻じゃないですよ(;つД`)

ファイル 1015-4.jpg
お腹に入るようになってます。
ちなみに大きさは、単3。
単4もありますよね、eneloop。これはどうするかというと・・写真にもありますが、「えさ箱」と呼ばれるスペーサーが着いてます。
 
 

付属していたeneloopを調べてみる

ということで、早速。
eneloopの基本性能は、3年後でもすぐ使える、というキャッチフレーズですから、約2年放置していた電池、結果はいかに!?

ファイル 1015-5.jpg
オレンジでした。

4段階中3つめ。なかなかの物ではないでしょうか。

これからは、充電して待機しているeneloopを使う前に、ちょこちょこチェックして見ようと思います。

■Amazonリンク(AA)

また余計なものを買ってしまった・・・MONO BLOCK MBDR-1「ドライブレコーダー」

ファイル 882-1.jpg
あぁ、つい買ってしまった。
ドライブレコーダー。車にも自転車にも対応するマウンターが付いてるとのこと。
シガーライターからの給電も可能という優れもの。
3980円。

ファイル 882-2.jpg
箱から出したところ。
こんなんで、一式入っているのか!?
それよりも、ちゃんと動いてくれるのか!?

ファイル 882-3.jpg
きたない机だなぁ。
で、とりあえず組み立ててみた。
今回は車へのマウントを前提。

ファイル 882-4.jpg
記録にはMicroSDを使う。カメラ背面のキャップを外すと出てくる。
16GB MicroSDHCまで対応らしい。

ということで、近いうちにセッティングと記録テストをしてみようと思います。

トラックバック一覧

Buffaloコクヨサプライ BSIPA09BK(2A HIGH POWER CHARGER)

ファイル 880-1.jpg
USB端子から色々なものを充電して、結局、シリアルとして利用していない現状を打破すべく(!?)、ACから充電はするようにすべく、商品を模索。
すると、2A対応のものを発見。確保しました。

ファイル 880-2.jpg
BuffaloコクヨサプライのBSIPA09BK。
最初、こいつ、USB差し込み口が二つ口かと思っていたら、実は反対側にもあります。
そして、片方の二つは通常の出力。反対側の二つは、2A出力対応。これは便利!!
最近のスマートフォンは1A以上の出力を必要としているので、2Aは大変重宝しそう。

ファイル 880-3.jpg
コンセントには、本体の端子を回して出して接続のタイプ。
コンセントの形状によっては、使い勝手が悪い。
まぁ最近は、0.5m延長ケーブルも売ってるし、それは個人で対応してね、ということですね。

試しにMicroUSB端子を持つ東芝のIS04へ接続してみましたが、正常に充電が完了しました。
その他、携帯電話ケーブルを使って、充電完了しました。

これは使い方によっては大変便利なアダプタではないかと思います。

■Amazon(AA)

トラックバック一覧

Gigabit 16ポートHUBへチェンジ

ファイル 873-1.jpg

ファイル 873-2.jpg

Gigabit HUBは使っていたけれども、バッファの大きいものが使いたくなって交換。

チョイスしたのは、NETGEAR JGS516v2。
http://www.netgear.jp/products/details/JGS516v2.html

1ポート512KBのバッファを備える。
これまで使っていたHUBは、CoregaのCG-DW05GTPLW。
http://www.corega.co.jp/prod/sw05gtplw/spec.htm
仕様にバッファが記載されていないので不明。コレガはこの辺が大変残念。
知りたい情報は、きちんと公開して欲しい。

ということで、交換完了しました。
こいつ、側面に空冷FANを搭載しているので、気になる人には気になる音を発します。ここは注意。
ラックマウントできるように、耳(ラックマウントキット)も付いてます。
自宅でラックマウント・・・かっこいいなwww

あと、ジャンボフレームに対応。10KBまでだそうです。
ということで、9.6KBでokだろうとセット。
WinXP同士でつないで、Realtek - Intelで、22MB/sくらい。
なんか遅い。これは時間のあるときにゆっくり調べていきたい所存。

さて、体感、速くなったとは思わないのですが、5ポートx2を16ポートx1にまとめられたことは大変結構。満足してます。

トラックバック一覧

ページ移動

profile

links

archive