記事一覧

レトロな切符で、さらに旅情up!

レトロな車内

ファイル 1321-1.jpg
キハ211に乗車。

ファイル 1321-2.jpg
扇風機に「JNR」マークが!!
可部線105系にもありますが、まだまだ現役!?なのか?

ファイル 1321-3.jpg
運転台には、お守りが。

のどかな風景が続く・・・

ファイル 1321-4.jpg
もうね、のんびりですよ。

ちょっとしたら、車内検札があり、乗車券を購入しました。
とりあえず、こいつの終点、「上総牛久」まで。
そうしたら、予想外の切符が出てきました。

ファイル 1321-5.jpg
乗車券!?
乗車証!?
これは初めて見た。
穴開け式です。左側の運賃のところには、680円なので、600円と80円のところに穴が開けられています。
ちょっと感動。記念に無効スタンプ押していただいて、持ち帰りました。

小湊鉄道は古き良き時代が残っていた!!

東京から一番近い、関東ローカル線!?

もしかしたら、そうかもしれない。
千葉駅からも、ちょっとで来ることが出来る距離だし。

五井駅は、たまにお世話になる駅。
ホームで電車を待っていると、「タタン、タタン」と聞き慣れた鉄の音。それに負けじとディーゼル音が鳴れ響く。
昭和の非電化区間でよく聞いた音なんでしょう。
そんなゆったりとした時間が流れてました。

まず、どうやって乗るのか、迷う。

意味不明かと思いますが、迷うんです。
五井駅はJR東日本の駅なんです。
券売機はJR東日本のものしか変えないんです。
・・・どうやって改札通るの!?

駅員さんに聞くと、乗車駅証明書をだすから、それもって車内で切符買って、とのこと。
そりゃ、説明を書いておいて欲しいと思いつつ、乗車駅証明書をもらって、改札の中へ。

ファイル 1320-1.jpg
これが、乗車駅証明書。
遅延証明と一緒の扱いなのか、雰囲気が一緒。

ホームへ。JRとは雰囲気の違う空間が漂う。

ファイル 1320-2.jpg

ファイル 1320-3.jpg

小湊鉄道のホームへ移動。
・・・雰囲気が違う。最近の駅という感じではない。
通路で弁当売ってる。大変良い感じの田舎を醸し出してます。
こういうの、好きなので、なんか買っていこうかと思いましたが、時間がなく断念。
実際には、時間、あったんですけどね。
つい、乗っちゃったんですよね。

ファイル 1320-4.jpg
ホームでお出迎えしてくれた、小湊鉄道キハ200
今回は1両。養老渓谷あたりまで行くやつは、概ね2両編成だそうです。

五井機関区

小湊鉄道の基地は、五井機関区。駅に併設。
結構広いヤードです。

ファイル 1320-5.jpg
キハ200たちが出番を待っています。
古い貨車なども置いてあります。

ちょっと奥まったところにはSLも展示されてます。
以前、道路から見えたので、気になってはいるんですが、時間が。
事務所で見学を申し込むと可能らしいので、また次回。

2012/03/24 五井-上総中野

乗車列車

ファイル 1319-1.jpg
19 五井/11:40 - 12:07/上総牛久

ファイル 1319-3.jpg
15A 上総牛久/12:59 - 13:33/養老渓谷

ファイル 1319-2.jpg
17A 養老渓谷/14:49 - 14:56/上総中野

残り区間

なし

備考

上総中野への直通が、あまりに少なすぎる!!!
養老渓谷駅には足湯があります。
あと、ニャンコたちもいます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

profile

links

archive