記事一覧

2013/01/17 北斗星号

編成

ファイル 1412-1.jpg
オロハネ25 503

ファイル 1412-2.jpg

ファイル 1412-3.jpg
札幌 - 函館/DD51 1140 + DD51 1100
函館 - 青森/不明
青森 - 上野/EF510-509

乗車区間

札幌/17:12 - ヨ - 10:04/上野

備考

雪の影響で、30分程度遅れて上野着。

2011/06/23 札幌-上野

ファイル 1051-1.jpg

ファイル 1051-2.jpg

ファイル 1051-3.jpg
DD51 1093 + DD51 1102

青函区間はED79-11

ファイル 1051-4.jpg
EF510-514

ソロ 9号車(JR東日本)

ファイル 745-2.jpg

ファイル 745-1.jpg
今回は、往復ソロを取ったものの、号車が違い、管理会社が違うという趣向。
よって構造の違う2つのソロに乗車出来るという、なかなか体験できる物ではない旅になりましたよ。
(写真は、下段の入り口)

9号車は、JR東日本所属の車両。
田の字型の配置で上下段が個室になってます。
以前、「富士」や「はやぶさ」で運用されていた物とは違います。
(「富士」や「はやぶさ」のものは、上下交互に並ぶ)
詳しくはこちらのページが大変参考になります。

6号車はロイヤルと合造。ソロは、奇数が下段、偶数が上段。
個室の鍵は、カードロック式。カードキーは持ち帰り自由です。

今回は上段である4番の部屋に入りました。
階段は左右上段部屋共通。

ファイル 745-3.jpg
鏡とスピーカー。
そして、上段の特権、空を見上げる窓。

ファイル 745-4.jpg
扉の鍵と照明。
もう、なんというか、時代を感じる一品。
 
 
 

ファイル 745-5.jpg
そして、暖房のスイッチ。
冬場の命綱。
今回は、北海道の最低気温12度でしたが、暖房は入りませんでした。

これら装備を考えると、てこ入れしないと、札幌新幹線が函館に辿り着いたら、廃止もやむなし、という感じ。
車両のくたばり具合が大変心配。

トラックバック一覧

2010/09/21 上野-洞爺

ファイル 744-1.jpg

ファイル 744-2.jpg

ファイル 744-3.jpg
上野-青森はEF510 508

青森-函館・函館-洞爺は未確認。
初EF510体験。
たしかに、EF81よりも進み方がスムーズな感じがする。

2010/09/24 札幌-上野

ファイル 743-2.jpg

ファイル 743-1.jpg
6号車3番 B個室ソロ 下段
 
 
 
ファイル 743-3.jpg

ファイル 743-4.jpg
札幌-函館はDD51 1102 + DD51 1100
 
 
 
ファイル 743-5.jpg
青森-上野は、EF81 99。
前日の大雨でEF510に代わり、下ってきたものの折り返し。

2010/06/07 上野-札幌

ファイル 524-1.jpg

ファイル 524-2.jpg

1レ 寝台特急 北斗星
24系25型

ファイル 524-3.jpg
ファイル 524-4.jpg
北海道内はDD51 1148 + DD51 1093

※北斗星塗色機ではなく、カシオペア塗色機でした

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

profile

links

archive